鹿児島県出水市のガーデン・エクステリア専門店「SANPOH」が庭づくりの基礎知識を紹介しています。

Annie Sloan「CHALK PAINT」アニー スローン チョークペイント®

HOME > ガーデンコラム > Annie Sloan「CHALK PAINT」アニー スローン チョークペイント® > チョークペイント®×CHALK PAINT™WAXいろいろ〈カラーワックス編①〉

チョークペイント®×CHALK PAINT™WAXいろいろ〈カラーワックス編①〉

鹿児島の小さな庭屋でアニースローン販売店のSANPOH/The Little Ladybirdです。
今回はカラーワックスについて綴ります。

チョークペイント®の作品づくりの基本は

好きな色のチョークペイント®+クリアーワックス

です。詳しくは一つ前のコラムを見てください^^。

ではカラーワックスの使い方、塗り方をご紹介します。

まずはダークワックスを使った例です。

パロマというカラーのチョークペイント®で塗ったフレーム。これは100円のお店に売ってある白い樹脂のフレームですがダークワックスを使って仕上げ、重厚感を出しました。凹凸のあるデザインにはピッタリの演出方法です。

塗り方は

(チョークペイント®+クリアーワックス)×ダークワックス

という感じです。チョークペイントが乾いたらクリアーワックスでコートするのが基本ですが、そこにダークワックスで表情を加えます。

コツはクリアーワックスを塗り、布で余分なワックスを拭いたらすぐにダークワックスをのせること。デザインや、ブラシ跡の凹凸に茶色をひっかけるようなイメージです。

注意したいのは、白やパステルカラーなどは ×ダークワックス の効果で色味が変わってしまうこと。それを考慮して

大胆に汚したい場合は全体にダークワックスをのせ、布で拭きとります。
色味まで変えたくないけど部分的に使いたい、という場合は使用感などをイメージしながら狙った部分に少しずつダークワックスを置き、布で拭きとります。

そして最後にもう一度クリアーワックスをかけ布で拭き取ります。この時に、ダークワックスで汚し過ぎた場合は茶色を拭き取り多少の調整をすることが可能です。

上のカップボードはスカンジナビアピンクとオールドホワイトを混ぜた淡いピンクでペイントしてあります。
チョークペイント®+クリアーワックスをしてさらに ×ダークワックス の効果で使い込んだような温かい風合いを出しました。

あるいは、

ダークワックスを使ってブルーやブラックなどの暗い色により深みを出すこともできます。

★ここで整理しておきたいのは、ダークワックスを使う場合も基本はチョークペイント®+クリアーワックス。そしてそこにダークワックスを重ねるという事です。
チョークペイント®した面に直にダークワックスを塗ってしまうと、ただただ茶色くなり修正がききませんのでご注意ください!(もしやってしまった場合はダークワックスをアルコールスプレーなどで拭き取り、再度チョークペイント®を塗ってやり直してください。)

いかがでしょうか^^これがダークワックスの使い方、塗り方です。

ちょっと自信がないな、という方はぜひストッキストワークショップビギナーコースにご参加ください!日時はご相談ください。
クリアーワックス、ダークワックスの使いこなしの他、2カラーのエイジング、クラック(ひび割れ)などの表現などなど盛りだくさんの内容を伝授しております。お申込みはお問合せフォームやインスタグラムのメッセージからお気軽にどうぞ。https://www.instagram.com/the_little_ladybird._sanpoh/

次回はカラーワックス編②ブラックワックスの使い方・塗り方をご紹介いたします。

Happy Painting!

SANPOH
The Little Ladybirdやまぐち

Sanpoh
〒899-0402 鹿児島県出水市高尾野町柴引3720-2
Open 10:00 ~ Close 17:00 | 日曜定休

お庭作りのお問合せ電話番号

0996-82-4442

OPEN. 10:00 ~ 17:00 HOLIDAY. 日曜 ・ 祝日

チョークペイント®のお問合せ電話番号

0996-79-3442

OPEN. 10:00 ~ 16:00 HOLIDAY. 水曜 ・ 日曜 ・ 祝日